心に響く言葉
ホーム > 心に響く言葉

心に響く言葉

2020年06月10日(水)1:27 午後

6月から多くの会社が通常通りの営業になり、少しずつ忙しい日常が戻ってきました。

今朝、久しぶりにクライアント社長からご連絡をいただきました。

この数か月にあったことを伺い、未曽有の緊急事態であったことを改めて実感しました。(まだ終息したわけではないですが)

 

 

私自身、今までの常識が非常識になることを身をもって経験し、いったい何が正解で、この先どうしたら良いのか細かな判断が押し寄せる数か月でした。

 

こんな状況でも一番大切なことを見失わず、守るべきものを守り、捨てるべきものを捨てるという判断。

いつもと同じようにお客様に感謝して、いつもと変わらず明るいジョークで笑わせる強さ。

たまたま この2か月は遠方に行かれていましたが、そこで経験した過酷な生活を笑いながらお話できるという余裕と冷静な心。

 

 

「常識的な人の中にも非常識な部分はある、逆もまた然り」

社長がよく仰る言葉です。

 

数か月間浴び続けた暗いニュースで、心が疲れて不安になることもあります。

不安感情は、ネガティブな情報を集める特性があり、安心できるまで情報を集めて、結局暗いニュースばかり目にすることになりがちだと聞きました。

もし、このような状況になったら、一度不安なニュースをストップして、全く反対の情報を探すと良いそうです。

こんな時こそバランス感覚が重要なので、一度立ち止まって両方の情報を整理し、自分の頭で考えて選ぶことが必要なのです。

 

 

学校が始まったので、窓を開けると、近所の子供の声が聞こえるようになりました。

このまま何事もなく夏になって欲しいと願っています。

 



«   |   »

過去の記事

訪問可能地域

関東(首都圏)全域OK!
東京都 神奈川県
千葉県 埼玉県 茨城県